岩手県オープンゴルフトーナメント
岩手県オープンゴルフトーナメント

カーセブン
UniLife
B'z OFFICIAL WEB SITE
ビーインググループ
Loop
YOSHIMOTO R and C CO.,LTD.
KYORAKU
岩手トヨペット
wiseman
手もみですきっと
「女性のための30分サーキットトレーニング」フィッツミー
amys

当サイト内の画像、文章の著作権は全て岩手県オープンゴルフトーナメントに帰属します。掲載された画像、文章、全てのコンテンツの無断転載を禁じます。


過去のレポート≫  

観戦レポート2013

東日本ハウスグループ2013岩手県オープンゴルフトーナメント ジュニア観戦レポート

津志田翔子

今年の県オープンは悪天候の中で始まりました。たいへんな被害にあった場所での開催だったため、ゴルフ場のスタッフが朝早くからコース整備を行ったそうです。私もボランティアスタッフの一員として参加できたことが嬉しかったです。

全てのホールを見ることはできませんでしたが、最後のプレーオフでトッププロの争いを見ることができ、とても感激しました。

私もいつか選手としてこの場所に立てる日を目標に頑張っていきます。

津志田大耀

初日がものすごい雨だったので、トーナメントがちゃんとできるか心配でした。でも次の日は晴れて、たくさんの人が見にきていて良かったです。ボランティアが最後まであって大変でしたが、プレーオフの最後のホールだけはみることができました。片山プロのようにハーフ30で回るためにどのような練習をしているんだろうと思いました。ねらったところに落とす練習やコースを研究してぼくもゴルフをうまくなりたいです。

及川莉紗

岩手県オープンの手伝いをして私はプロのショットを目の前で見ました。打つ瞬間がとても強く距離が400ヤードちかくとび、びっくりしました。
またアプローチもトップしたりダフったりせず1ピン以内につけていたし、バンカーに入ってもうまく出してスピンをかけていてすごいと思いました。

プロから学んだことはどんな時でもあせらず自分のペースでやることです。ティショットが木のあいだなどにいっても落ちついてぬけるところをみつけて打っていたし、パターのときも30pのパットでも必ず反対からみたりいろんな方向からみていました。
私はミスをするとあせってしまいあまり方向や距離を確かめないで打ってしまってダフってしまったりオーバーしてしまったりすることがたくさんありました。
パターの時も時間がないと方向を見ないで打ってしまってちがう方向にいったり、短いパットは入ると思って反対からみないで打ってしまってはずしてしまうこともありました。
トッププレイヤーのすばらしいプレーをまじかで見れて良かったです。

今私がゴルフをしているのは親のおかげです。自分の時間をけずってまで毎週遠いところまでつれてきてもらって感謝しています。これからも1回1回連れてきてもらうごとに感謝をしていきたいです。

また、今私にできることは大会に出て、1打でも良いスコアでまわって良い結果をだすことです。プロゴルファーになりたいという気持ちもあるけれど、金谷先生みたいに人に教えたりするのも良いなと思っています。

昆 夢乃

8月9日、10日、八幡平カントリークラブで行われた岩手県オープントーナメントのお手伝いをやらせていただきました。有名な選手の皆さんがたくさん出場していました。私の手伝いはハーフを終えた選手の皆さんのスコアを聞くというハーフチェックの手伝いでした。ここでは緊張したけど有名な選手と会話ができてとても光栄でした。

ラウンドの方は目の前で見るプロの皆さんのプレイは迫力があり、感動しました。ボールの飛距離や正確さはさすがプロだと思いました。プロのラウンドは厳しい戦いと思いましたが、あんがいわきあいあいとお話しをしていて楽しそうな場面もありました。宮里優作プロからボールをもらったので私の宝物にしたいと思います。
あと、ラウンドをしているときに優作さんが私達に手を振ってくれて、ファンになりました。パー3のところではグリーンの奥にのりましたが、ティショットのときに打つ場所や風を計算しながら打っていました。なので私もねらう場所を決めて打つ場所に注意してやっていきたいです。

ほかの選手はドライバーショットは必ずフェアウェイをキープしていたので私もできるだけ2打目が打ちやすいとこに飛ばしたいです。あと、2打目にグリーンにのせれなくても次に入れれるようなとこにアプローチをできるようにしたいです。

このトーナメントで学んだことを次回のラウンドや大会に役立てていきたいと思います。

米内真人

今回の岩手県オープンは一日目に経験したことのないような大雨に見舞われ、一日目は勿論、二日目ができるのかも分からない状態にコースはなってしまいました。が、しかし二日目は予定通り試合を行うことができました。
それは大会関係者の方々とコース関係者の方々の大変な努力によりコースでプレーできる状態まで戻せました。そのただならぬ努力をしてくれた人たちに、とても感謝しています。
そして大会は三人のプレーオフになり、とても白熱した試合になって、とても楽しかったです。プロはプレーオフになっても集中力を絶やさず、プレーしていてとてもすごいと思いました。
今回の岩手県オープンは、周りの方々の協力により、成り立った大会だと思いました。

2013ジュニア観戦レポート

2013ジュニア観戦レポート

2013ジュニア観戦レポート

2013ジュニア観戦レポート

  お問い合わせコンセプトリンクについて会社概要プライバシーポリシー

Copyright© IWATEKEN OPEN GOLF TOURNAMENT All Rights Reserved.
当サイト内の画像、文章の著作権は全て岩手県オープンゴルフトーナメントに帰属します。
掲載された画像、文章、全てのコンテンツの無断転載を禁じます。