岩手県オープンゴルフトーナメント
岩手県オープンゴルフトーナメント

ゼビオ カーセブン
UniLife
B'z OFFICIAL WEB SITE
ビーインググループ
Loop
YOSHIMOTO R and C CO.,LTD.
KYORAKU
岩手トヨペット
wiseman
手もみですきっと
「女性のための30分サーキットトレーニング」フィッツミー
amys

当サイト内の画像、文章の著作権は全て岩手県オープンゴルフトーナメントに帰属します。掲載された画像、文章、全てのコンテンツの無断転載を禁じます。


 

岩手県オープンゴルフトーナメント チャリティー

2014年7月10日
東日本ハウスグループ2014
岩手県オープンゴルフトーナメント

被害者支援センターに贈呈しました

被害者支援センターにチャリティー

被害者支援センターに寄付金を贈呈されました。
そのほかいわて復興エイド基金などに寄付されました。

2014年7月10日
東日本ハウスグループ2014
岩手県オープンゴルフトーナメント

岩手県警察本部長様より感謝状が贈呈されました

岩手県警察本部長様より感謝状が贈呈されました

岩手県オープンゴルフトーナメントでは、被害者支援活動に力をいれています。
その功績が認められ大会前夜祭では、岩手県警察本部長様より東日本ハウスグループ代表取締役社長成田和幸様に感謝状が贈呈されました。

2013年8月27日
東日本ハウスグループ2013
岩手県オープンゴルフトーナメント

被害者支援センターに贈呈しました

被害者支援センターにチャリティー

岩手県オープンゴルフトーナメントは各機関にチャリティーを行っています。
被害に遇った方の心のケアを目的とした被害者支援センターの専務理事を務める「吉村 浩」様に東日本ハウス株式会社代表取締役社長で大会会長となる成田和幸様より贈呈いたしました。

2012年10月15日
東日本ハウスグループ2012
岩手県オープンゴルフトーナメント

被害者支援センターにチャリティー

被害者支援センターにチャリティー

岩手県オープンゴルフトーナメントは「社会に貢献するゴルフトーナメント」を趣旨に開催しています。
その一環として毎年寄付をさせていただいています。
「あすなろ園」様に続き、被害に遇った方の心のケアを目的とした「被害者支援センター」に寄付をいたしました。

大会趣旨となるチャリティー活動が今年も達成できました。

2012年10月12日
東日本ハウスグループ2012
岩手県オープンゴルフトーナメント

あすなろ園にチャリティー

「あすなろ園」様に寄付をいたしました

岩手県オープンゴルフトーナメントは「社会に貢献するゴルフトーナメント」を趣旨に開催しています。
その一環として毎年寄付をさせていただいています。
昨年に引き続き「あすなろ園」様に寄付をいたしました。

障害を持った子供たちですが、みんな活き活きと仕事をしている姿はここに仕事があるという喜びを感じさせてくれます。

微力ながら継続した支援をしていきたと思います。

2011 10月24日
東日本ハウスグループ2011
岩手県オープンゴルフトーナメント

岩手県手をつなぐ育成会 あすなろ園に寄附金の贈呈

第10回岩手県オープンゴルフトーナメント 岩手県手をつなぐ育成会 あすなろ園に寄附金の贈呈 第10回岩手県オープンゴルフトーナメント 岩手県手をつなぐ育成会 あすなろ園に寄附金の贈呈

岩手県オープンゴルフトーナメントは毎年チャリティー活動を行っています。
今年は岩手県盛岡市下飯岡にある「あすなろ園」に寄付をいたしました。

知的に障害をもつ方の施設ですが、仕事に熱中する活気のある姿に目がキラキラ。
とても楽しそうに仕事しているなか、透きとおった笑顔で女性が話しかけてくる。
その姿に感動をおぼえました。

微力ではありますが今後とも継続して支援していきます。


2011年 8月11日
東日本ハウスグループ2011
岩手県オープンゴルフトーナメント

第10回岩手県オープンゴルフトーナメント 第10回岩手県オープンゴルフトーナメント

3月11日の震災直後、「ゴルフというものはこの世に必要なものなのか」と感じました。
衣食住の重要性が最優先であり、恵まれた環境であり平和だからこそ成り立つ競技と強く感じ、大会存続の重要性を問いました。

しかし今大会を『東日本大震災復興チャリティー』と位置づけ、メインスポンサーとなる東日本ハウス株式会社、代表取締役社長「成田和幸」様から、岩手県に300万円、震災孤児を救ういわて復興エイド基金に200万円の計500万円が大会を通じて義援金として贈られました。
その他賞金の5%、入場料、今年プロ初優勝を飾った「小林正則プロ」など多くのプロ選手からもこの大会を通じて義援金とされました。

イベントが自粛される時世のなか、この大会が開催されたからこそ岩手県にとっても大きな経済効果が生まれ、社会に貢献するトーナメントになったと確信しています。

震災を経て、平和な世の中に感謝したいと感じました。


2011 8月13日
東日本ハウスグループ2011
岩手県オープンゴルフトーナメント

大会収益金の一部が義援金として贈られました。

大会収益金の一部が義援金として贈られました。

震災孤児を救う「いわて復興エイド基金」に岩手県オープンゴルフトーナメントのギャラリー入場料の全額を含む大会収益金の一部が贈られました。

大会収益金の一部が義援金として贈られました。 大会収益金の一部が義援金として贈られました。

東日本ハウスグループ2010
岩手県オープンゴルフトーナメント

贈呈式

2010チャリティ 贈呈式

盛岡市玉山区渋民に8月新規オープンした、特別養護老人ホーム「ジャスミン」に
折りたたみベッド1台、歩行補助車2台を寄付いたしました。
10月25日現地にて贈呈式がおこなわれました。
これからも「地域の為にできる小さな貢献」をしていきます。

贈呈式 贈呈式

 

被害者支援センターへの寄付

2010チャリティ 被害者支援センターへの寄付

岩手県オープンゴルフトーナメントは、社会に貢献するトーナメントを目指し多方面にチャリティー活動を行っています。

昨年に引き続き、被害に見みまわれた方々を支援していく『被害者支援センター』への 贈呈式が終了いたしました。

大会趣旨であるチャリティー活動も無事達成できたことをご報告します。

来年の第10回記念大会にむけて、更に大会の充実を目指します。

 

東日本ハウスグループ2009
岩手県オープンゴルフトーナメント

無事チャリティー終了

岩手県オープンゴルフトーナメントは社会に貢献できるトーナメントを目指しチャリティー活動を行っています。

そして本日、岩手県などから支援を受け設立された「被害者支援センター」へ寄付金の贈呈式が行われました。
被害にみまわれた父母など、電話相談等による支援を幅広く行っていく機関であり警察OBの方など多くのボランティアによって成り立っています。
運営資金はまだまだ足りない状態で、寄附金も微々たるものですが
県民の多くの方に知れ渡っていただきたいとのことでした。
その他、ジュニア育成など各方面へ贈呈されました。

大会から2カ月あまり経ちましたが、本日の贈呈式を持って
『2009年度 岩手県オープンゴルフトーナメント』の全日程を終了いたします。

すでに来年度にむけて新たな企画を模索しています。
更にパワーアップする岩手県オープンゴルフトーナメントを来年も宜しくお願いいたします。

 

東日本ハウスグループ2008
岩手県オープンゴルフトーナメント


岩手県オープンゴルフトーナメントを「地域と密着し、社会に貢献できるトーナメント」を趣旨に掲げ回を重ねてまいりました。
今年で7回目の開催になりますが、第1回大会よりチャリティー活動を行っています。

今年は、先日発生した『平成20年 岩手・宮城内陸地震』の復興支援の一助になればと被災地に義援金を寄付させていただくことに致しました。
『めんこいテレビ「平成20年 岩手・宮城内陸地震」緊急募金』を展開している岩手めんこいテレビ代表取締役社長に対し、21日に開催されましたプロ・アマチャリティーコンペ、そしてご来場のギャラリーの皆さんから寄せられた募金をお渡しさせていただきます。
この募金は「日本赤十字社岩手県支部」を通じて被災地に届けられます。

 

更に、子供たちの為に何かしたいという事務局の意向から、親を亡くした子供たちを支援する『被害者支援センター』にも、微力ながら寄付させていただきます。

この義援金の中には「横尾 要プロ」「高橋竜彦プロ」「浅野彰子プロ」など多くのプロゴルファーも寄付に賛同していただきましたので、ご報告いたします。
本当にありがとうございました。

 

東日本ハウスグループ2007
岩手県オープンゴルフトーナメント

今年で第6回大会を迎えた岩手県オープンゴルフトーナメントは大会前日に前夜祭となる、プロアマチャリティー大会が行なわれました。

昨年同様、プロゴルファーの皆様のご好意により、実際に使用したウエアやクラブなどをオークションに出して頂きました。これを参加したアマチュアの方々に落札して頂き、その落札金額をすべてにチャリティー基金として各方面に寄付しています。

地元、雫石町の福祉協議会や、岩手県のジュニアゴルフファー発展の為に、岩手県ゴルフ連盟ジュニア育成に今年も寄付させて頂きました。
そしてそれぞれの代表者に、ディフェンディングチャンピオン増田伸洋プロより贈呈されました。

大会の趣旨を理解して大切なゴルフ用品を出店して頂いたプロゴルファーの皆様、本当にありがとうございます。これからも「地域社会に貢献するゴルフトーナメント」として、地方からゴルフ界を盛り上げて行きたいと考えています。

2001年より開催している岩手県オープンゴルフトーナメントは「地域社会に貢献するゴルフトーナメント」をコンセプトに掲げ活動を行なっています。

大会前日のプロアマチャリティー大会において、参加して頂いたプロゴルファーの実際使用しているゴルフ用品をオークションに出品して頂き、その落札金額をすべてチャリティー基金として各方面に寄付しています。

昨年第5回大会では福祉のために地元雫石町の「中屋敷 十」雫石町長へ寄付させて頂きました。さらに岩手県ゴルフ連盟へジュニア育成基金として毎年寄付させて頂いています。

過去には「夏目雅子ひまわり基金」「社会福祉法人ハッピーライト」「愛慈会もりおか子供病院」などガン撲滅、福祉関係、子供病院などに寄付していきました。

この大会の趣旨を理解して、大切なゴルフ用品を出品して頂いているプロゴルファーの皆様には大変感謝しています。これからも「地域社会に貢献するゴルフトーナメント」として男子ツアーを盛り上げていきたいと考えています。

  お問い合わせコンセプトリンクについて会社概要プライバシーポリシー

Copyright© IWATEKEN OPEN GOLF TOURNAMENT All Rights Reserved.
当サイト内の画像、文章の著作権は全て岩手県オープンゴルフトーナメントに帰属します。
掲載された画像、文章、全てのコンテンツの無断転載を禁じます。